犬の歯磨きのやり方をわかりやすく解説

犬の歯磨き。歯ブラシの選び方は?

ガーゼや指サックでは歯周ポケットの汚れが落とせない

愛犬のデンタルケアでは、犬の体格に合った歯ブラシを使うことが重要になります。ガーゼや指サックは、歯肉のマッサージには効果的で、歯磨きに慣れるためには有効ですが、歯周ポケットの汚れをかき出すことは難しいです。歯周ポケットをしっかりきれいにするには、歯ブラシは欠かせないアイテムです。

人間の幼児用歯ブラシでもOK

愛犬の体格に合っていて、できるだけ毛先が柔らかいものを使うと、愛犬への負担が軽減できます。長頭種や大型の犬は奥までしっかり磨けるように、柄がやや長めの歯ブラシが効果的です。短頭種や小型犬は、柄が短かめの歯ブラシが使いやすいです。

犬用の歯ブラシがない場合は、人間の子供用の歯ブラシでも代用できます。小さくて扱いやすいし、価格もお手頃です。歯ブラシのブラシ部分が広がったまま使い続けると、歯茎に傷をつける原因にもなりますし、汚れも残りやすくなってしまうので、こまめに変えるようにしましょう。

歯ブラシを使った歯磨きが苦手な愛犬や飼い主も心配する必要はありません。体に合った歯ブラシや、犬が好む味がする歯磨きペーストを使って、リラックスできる体勢で歯磨きを続ければ、いつかは習慣づけることができるはず。愛犬との健康的な生活のためには、焦らずに、あきらめずに、続けることが大切です。

犬の歯磨きに歯磨き粉は使う?

基本的には、歯ブラシでしっかりとブラッシングできれば歯磨き粉は必要ありません。人間用の歯磨き粉はキシリトールが入っているものもあり、犬が中毒を起こす危険性もあるので使わない方が良いです。また、重曹は塩分を多く含むため、使わないようにしましょう。

歯磨きをするときに使用するデンタルケア商品を選ぶのなら、「汚れを落とす」ことよりも「慣れさせる」のを目的にしましょう。愛犬が喜んで歯磨きができるようにすることを重視して選ぶのが良いです。

歯磨きペーストやデンタルジェルなど、歯を磨く時に使える犬用のデンタルケア商品があります。犬が好む味のついたものもあるので、嫌がるワンちゃんには効果的かもしれません。ウェットフードの汁や肉の茹で汁などで代用しても良いでしょう。

犬の歯磨きをするときのコツ

歯ブラシの使い方

  • 鉛筆を持つように軽く握る
  • 歯ブラシは濡らして使う
  • 45°の角度で小刻みに動かす

鉛筆を持つように軽く握る

歯ブラシは、親指と人差し指、中指で軽く握ります。鉛筆を持つような感じです。強く握ってしまうと、ブラシの先端が歯肉に当たってしまう恐れがあるので、気を付けて。

強く歯ブラシを握ってゴシゴシ磨かれると、とっても痛いワン
犬の歯磨き

歯ブラシは人間の幼児用歯ブラシでもOK。やわらかめが良いです。

犬の歯磨き

親指、人差し指、中指の3本で持ち、力をいれず軽く握る。

歯ブラシは濡らして使う

歯ブラシの先端を水で濡らして、湿らせてから、歯磨きペーストをつけます。歯ブラシの先端が乾いていると、愛犬の歯肉を傷つける恐れがあります。

歯ブラシの先が乾いていると、歯肉がチクチクする〜

45°の角度で小刻みに動かす

歯の根元に対して、45度の角度になるように歯ブラシの先端を当てます。歯周ポケットから、汚れをかき出すように、磨きます。ここでも、ゴシゴシと力を入れてはいけません。歯ブラシを左右に動かし、歯周ポケットの中の汚れをかき出します。

この時、歯を一本一本磨くよう心掛けて、小刻みに歯ブラシを動かします。歯ブラシは適度に力を入れます。強すぎても弱すぎても、歯周ポケットの中はきれいになりません。

歯ブラシは45°
歯ブラシは45°

汚れがつきやすい歯から先に磨く

犬歯は表面積が大きくて、裏側にも歯垢がつきやすいです。また、奥歯はついた歯垢が歯石に変わりやすいです。犬歯と奥の大きな歯は汚れがつきやすい。歯の外側は口を閉じたままでも大丈夫です。これらの汚れの付きやすい歯は、念入りに磨きたい部分です。これらの歯からしっかり磨いて、磨き残しがないようにしましょう。

最初は口を閉じたまま外側を磨き、慣れてきたら口を開けて葉の裏側も磨くようにしましょう。外側も内側も歯の根元に歯ブラシを45°に当て、歯周ポケットの汚れをしっかり取り除くことができればOKです。

中・長頭種類は奥までしっかり

ミニチュア・ダックスフンドやトイ・プードル、パピヨン、ジャック・ラッセル・テリア、ビーグルなど口が長い犬種のことを「中・長頭種」と言います。中・長頭種は口が長いので、奥までしっかりと歯ブラシを入れるように心がけることが大切です。

長頭種は、思っているよりも奥の方まで歯があります。奥の歯は磨き残しができやすいので、奥まできれいに磨くようにします。

最初のうちは、口を閉じたままで歯の外側を磨いて、歯磨きに慣れさせることが大事です。愛犬が歯ブラシを噛んでしまう場合は、口を軽く挟むようにおさえてあげると、磨きやすくなります。

次に、歯ブラシに慣れてきたら、口角に近い方の口の端をしっかりめくってあげて、歯ブラシがうまく当たっているかどうかを確かめながら、一本一本の歯を磨くつもりで、小刻みに歯ブラシを動かします。

歯磨きが苦にならなくなってくると、鼻の下をめくって前の歯を磨いたり、口を開けて、巻き込むようにして上アゴを持って口を開き、犬歯を中心に葉の裏側を磨きます。

最も奥にある歯は、歯とあごの構造上、歯ブラシの角度を変えないと、正確に歯ブラシを当てることができません。口の端をめくりながら、歯ブラシの角度を変えて、磨いていきます。

短頭種は、前のほうの歯を念入りに

シー・ズーやフレンチ・ブルドッグ、パグ、ボストン・テリア、ペキニーズなど顔の幅に比べて鼻が短い犬種のことを短頭種といいます。短頭種の犬は、前の歯が密集していて汚れがたまりやすいので、鼻の下をめくって、しっかりと前の歯を磨く必要があります。

あごが前後に短い短頭種は、前のほうの歯と、上あごの歯が密集し、歯並びのバランスが良くないので、汚れが溜まりやすくなります。鼻の下をめくると嫌がる犬が多いので、歯磨きに慣れるまでは、こまめにご褒美をあげて、少しずつ抵抗感を除いていくことが大事です。

具体的な磨き方としては、まず、口角から歯ブラシを入れて、口を閉じたまま歯の外側を磨きます。あごを軽くつまむと、頭が固定されて磨きやすくなります。歯ブラシを噛んでしまうときは、指で軽く口を押えます。

下あごの犬歯の後ろに指をかけて、唇を内側に巻き込むようにして口を開けます。犬歯の裏側をみがき、慣れてきたらほかの歯の裏側も磨きます。

いよいよ、密集している前のほうの歯ですが、歯ブラシを歯の根元に当てて小刻みに左右に動かします。さらに、歯と歯の間を磨く要領で、歯ブラシを縦に動かし、歯並びが整っていない部分の汚れをかき出します。

犬の歯磨きは体勢も重要

歯磨きを習慣化するには、愛犬も飼い主もリラックスしやすい体勢を見つけることも大事になります。愛犬も怖がらず、飼い主にとっても楽な姿勢であれば何でもいいのですが、仰向け抱っこは無理なく歯磨きできて、やりやすいという愛犬と飼い主が多いといいます。

愛犬を座らせて、歯磨きをするには、「おすわり」や「待て」のしつけがされて、きちんとできることが前提になります。このため、愛犬もリラックスできて、飼い主も上から顔をのぞき込みやすいという理由で、飼い主の膝の上での仰向け抱っこが主流だそうです。

具体的には、飼い主と愛犬の体の中心の線が合うような形で、脇の下から手を通して胸の前で組みます。愛犬の体は、立てすぎてもなく、寝かせすぎてなく、楽にできる自然な体勢にします。

愛犬の体の自然なカーブに沿わせて頭からしっぽの付け根までを飼い主の体に密着させます。決して、強く羽交い締めにしてしまわないように。ボディタッチしながら、やさしく抱きしめるように包み込みます。

このほか、小型犬などでは、テーブルなど少し高い台に乗せてあげると、飼い主の腰への負担も軽減でき、愛犬も慣れると落ち着きやすいそうです。また、ワンちゃんがリラックスして寝転んでいる時に、少しずつ歯磨きするというのも手ですね。

犬の歯磨きのコツ
リラックスしている時に少しづつやってもOK。無理やりせず、嫌がったらやめる
犬の歯磨きのコツ
最初は口を閉じたまま外側を磨く。慣れてきたら口を開けて歯の内側にトライ
犬の歯磨きのコツ
歯ブラシを噛んでしまう場合は、口を挟むように軽く押さえる

まとめ

愛犬の健康を維持するために、愛犬の歯磨きを習慣づけることはとても重要です。犬は歯垢が歯石に変わるタイミングが人間より遅いので、食事のたびに磨く必要もないでしょうが、習慣づけるためには、就寝前など時間を決めて、習慣づけることが効果的です。

続けることが大事なので、慣れるまで焦りは禁物です。飼い主も愛犬もリラックスした時に、ご褒美をあげるなど、歯磨きを楽しい時間にしていくことがコツになります。