【慣れさせるのがコツ】犬の歯磨き苦手克服法

愛犬の歯磨きで大切なのは「慣れさせること」 指やガーゼなどステップを踏んで
愛犬に歯磨きの習慣をつけることは、歯周病など重大な病気を防ぐためにも極めて重要です。でも、歯磨きを嫌がる犬に、おとなしく歯を磨かせるのはそう簡単ではありません。飼い主は「あせらず、じっくり」と構えて、最初はうまくみがけなくても、ちゃんと段階を踏んで、歯磨きは怖くないと愛犬にわからせてあげれば、必ず慣れさせてくるものです。

口の周りを触られることに慣れさせる

最初のステップは、愛犬の口のまわりを「なでなで」してあげることです。これから始まる歯磨きが、自分に危害を加えるものではなく、飼い主とのコミュニケーションのひとつだと感じてもらえるようにするためです。

いきなり歯ブラシを口に入れてしまうと、犬は恐怖心が先に立ち、歯磨きが嫌いになってしまうケースがあります。まずは、愛犬の警戒心を解きほぐし、「口を触らせると、何かいいことがある!」と期待させるぐらい、優しく接します。

飼い主が緊張して、力が入ってしまうと、犬にもその緊張感が伝わってしまうものです。犬と遊ぶくらいの、リラックスした気持ちで臨むと、犬の緊張もほぐれてきます。また、ダラダラと時間をかけると触られることを嫌がるようになってしまいます。少しでも嫌がったらすぐにやめることが大切です。

緊張感が伝わってきて怖い〜
MEMO
スキンシップの中で慣れさせる
歯磨きに慣れさせる

リラックスした状態で、優しくなでなでしながら

歯磨きに慣れさせる

指で軽く歯にタッチ

歯磨きに慣れさせる

少しでも嫌がったらすぐにやめる

指を口の中へ 触れるように慣れさせる

口の周りを触っても、愛犬の警戒心がなくなったら、次のステップは、飼い主の指を愛犬の口の中へ入れて、歯に触れてあげます。愛犬が好む「犬用の歯磨きペースト」などを使うと、スムーズに慣れてくれることがあります。

例えば、飼い主が自分の指に歯磨きペーストをつけ、指を愛犬に舐めさせてあげます。これは、飼い主の指に愛犬の好むフレーバーがあることで、警戒心を解き、良い印象が与えられるからです。

犬が飼い主の指を舐めるようになれば、その指で愛犬の歯の表面に触ってみます。この時も、警戒心を解くために、最初は少しだけ触ってみて、慣れてくるのを見計らって。少しずつ時間を延ばしていきます。

続いて、愛犬の後頭部を軽く支えて、歯磨きペーストを塗った指を、上下の唇の合わさる「口角」のあたりから口の中に滑り込ませていきます。口は閉じたままで歯の表面を指でこすってあげます。

ガーゼや布で歯磨きに慣れるように練習も

次のステップは、指にガーゼや布をまいて、口に入れて、歯を磨く練習をします。いきなり歯ブラシを使うよりも、ガーゼの歯磨きで慣らしてあげると、歯磨き嫌いになるリスクを減らすことができます。

指と同じように、ガーゼにも犬用の歯磨きペーストを付けて舐めさせてあげます。滑りをよくするように、ガーゼを水で湿らせて、歯磨きペーストを付けて、犬にぺろぺろさせます。

ガーゼを舐めさせながら、口の端や鼻の下をめくって、別の指で歯や歯肉にタッチするなど、歯に触れます。続いて、ガーゼをまいた指を口の中に口角から指を入れ、歯の表面をこすります。この時、親指で軽く鼻を押さえ、口は閉じたままにするとやりやすくなります。

MEMO
ガーゼの巻き方
ガーゼで歯磨き

薄手のガーゼを用意して
ガーゼで歯磨き

人差し指を挟むようにパタンと折る
ガーゼで歯磨き

クルクルと巻きつけて
ガーゼで歯磨き

巻き終わりを親指でしっかり押さえて使いましょう

さあ、いよいよ歯ブラシに慣れさせよう

指、ガーゼでの歯磨きをクリアしたら、最後のステップ。いよいよ歯ブラシの出番です。はじめは、歯ブラシを動かさずに軽く歯にあてるだけの練習をします。指やガーゼと同じように、この時も、歯磨きペーストを水で湿らせた歯ブラシに塗り、犬になめさせます。

歯ブラシに対する警戒心が解けてくるのを見計らい、口をめくって、歯ブラシの先で歯に触ります。ここで犬が嫌がるケースが多いので、焦りは禁物です。最初は少し触れるだけにし、慣れてくるにしたがって、時間を延ばします。

ガーゼや歯ブラシなどの異物を口に入れるのは、犬にとって抵抗感があるものです。じっくり時間をかけて、口を開ける練習をします。犬歯の後ろの唇を親指と人差し指を使って、上から巻き込むように支えます。すると犬は口を少し開くので、隙間から歯ブラシで触ることができます。繰り返しになりますが、口を開けさせるのを焦ると、犬が歯磨きを嫌いになる原因になる可能性がありますので、焦らず、じっくりと。

一つ一つのステップで、上手にできたらご褒美を

愛犬に歯磨きを慣れさせるコツとして、歯磨きに対する警戒心を解き、歯磨きをするといいことがあると覚え込ませることがあります。それぞれのステップで上手にできたら、おやつをあげるなど、こまめなご褒美を与えることも、歯磨きに慣れるまでは必要です。最初から完璧な歯磨きをしようとすると、愛犬が嫌がってしまう可能性は高いです。奥歯と犬歯などパーツに分けて、短時間で切り上げることも選択肢です。

犬も飼い主もリラックスした姿勢で

犬の歯磨きには焦りは禁物で、じっくりと警戒心を解いて、徐々に慣れていくことが大事です。歯磨きをする際に、犬も飼い主も、リラックスできる姿勢・体勢をする必要があります。

飼い主が、犬の背骨を挟み込むように足を延ばして長座したり、犬をテーブルなどの台に乗せて、飼い主の腰に負担がかからないようにするなど、お互いが無理のない体勢を取ることが大事です。

まとめ

これまで、愛犬の歯磨きをしてこなかった飼い主も、これから犬を飼い始める初心者も、愛犬の大切な健康を守る歯磨きを習慣づけるには、焦らずに、段階を踏んで慣れていくことが大事です。

ここでは、「口の周りを触る」→「指で口の中に触れる」→「ガーゼで磨く」→「歯ブラシを使う」というステップをご紹介しましたが、決まりではないので、順番をきっちりと守らなければならないわけではありません。

指で歯に触るのをスキップして、ガーゼで磨いても嫌がらない愛犬もいるかもしれません。「焦らず、じっくりと」「少し上達したらご褒美を」という具合に、気長にリラックスして取り組むことです。

犬は歯垢が歯石に変わるサイクルが3~5日とされ、3日に1日磨ければ、歯石かは防げる計算です。ただ、毎日、家庭で歯磨きができるのであれば、これに勝るデンタルケアはありません。

ワンコのペースに合わせてあげて、歯磨きを楽しいものにしましょう。

歯磨きタイムは、なんだか楽しいワン