犬の口臭が気になったら要注意。歯周病の危険あり

歯周病は、歯周病菌によって引き起こされる歯茎の炎症です。歯茎の炎症だけであれば歯周炎、まわりの骨にまで炎症が及ぶ場合は歯周病と呼ばれます。犬は虫歯の発生が極めて少ないと言われていますが、歯を支える歯周組織の病気にかかるリスクは、ヒトと同じか、それ以上に多いといいます。

家庭で飼われている犬や猫の8割が歯周病を患っているという指摘もあります。放っておくと怖い愛犬の歯周病を予防するには、歯磨きなどのオーラルケアが大切です。

犬の歯周病の見分け方を知るには、黄ばみと臭い

歯肉炎とは、歯肉の端が赤く腫れて出血しやすくなります。歯の周りの柔らかい組織(歯肉)が炎症を起こした状態です。一方の歯周炎は、歯肉炎がさらに進行し、歯根膜や歯槽骨まで炎症している状態です。

最終的には、歯槽骨が溶けてしまって、歯がぐらぐらになって抜け落ちてしまいます。歯磨きによる予防が大事であることは言うまでもありませんが、犬の歯の状態をよく観察し、できるだけ早い段階で歯肉炎の兆候を見分け、治療することが大事です。

早期発見のポイント

  • 歯の表面が黄ばんでいる
  • 口臭がある

ではどのように見分ければよいのでしょうか。通常、健康な犬の歯の色は真っ白です。見た目に黄ばんでいる場合は歯周病の兆候を疑うべきです。歯垢と歯石がべったりとくっつくと、白い歯が黄色に変色します。赤く腫れたり、膿が出てくると、症状が重症化している証拠です。

口臭についても要注意です。生ゴミのような臭いがしたり、腐った卵のような匂いがする場合も歯周病の可能性を疑うべきでしょう。愛犬が元気にふるまっていても、口臭があると、口の中に何かトラブルを抱えているケースもあります。

お口が臭うと思ったら、動物病院に連れて行って欲しいワン

犬の歯周病が進行すると歯が抜けることも

歯磨きをしている飼い主が見て、歯に異常がなくても、飼い主からは見えない歯の裏側や奥に、食べかすや歯垢が残っていることがあります。この汚れから最近が発生し、歯の根元にある歯周ポケットに入り込み、歯周病を引き起こします。

一度、歯石ができてしまうと、歯ブラシで除去することが難しくなります。さらに、歯石の表面はザラザラしているため、歯垢が付着しやすくなってしまいます。歯石内の最近は死滅していますが、新たに付着した歯垢内の最近が炎症を引き起こします。

歯周病が進むと、最終的には歯の根元を腐らせ、多くの歯を抜かなければならなくなります。歯が抜けてしまうと食欲が落ちたりして免疫力が低下する原因にもなります。

犬の歯周病を放置すると、心疾患や腎臓病の恐れ

歯周病が引き起こす、重篤な疾患のリスク

  • 感染症心内膜炎
  • 心不全
  • 糸球体腎炎
  • 顎の骨の骨折
歯周病を放っておくと、歯周病が進行して歯槽膿漏を引き起こします。口のなかの病気が進むと、細菌が血流にのって体中に流れ、重篤な内臓疾患の原因になることもあります。

歯周病と心疾患

歯周病と心疾患の関連性についても気を付けなければいけません。炎症により破壊された歯肉内に歯周病菌が侵入し、血管から全身に運ばれることが考えられています。

心臓は、血液を体中に送り込むポンプですが、心臓は心膜という膜に覆われています。心臓の外側を覆う外膜と、心臓の内側にあり弁も構成する内膜があります。その心内膜や弁膜に細菌が入り、感染が起こったものを感染性心内膜炎といいます。

心内膜や弁膜に血栓ができ、これに血液中に侵入した細菌が付着して菌塊が増殖すると、弁膜の破壊や、全身に細菌の感染症が生じる敗血症を引き起こし、最終的には心不全となる恐れがあります。

歯周病と腎臓疾患

また、糸球体腎炎という腎臓の病気のリスクも高まります。糸球体腎炎は、腎臓内にある糸球体と呼ばれる部分に炎症が発生した状態です。糸球体は血液中の老廃物を漉し取る働きをしますが、この部分に炎症が発生することで血液を濾過する機能が低下してしまい、尿と一緒に排出されるはずの老廃物が体内に溜まったままになってしまいます。

歯周病による骨への影響

口の周りの骨を溶かし、あごが骨折することもあります。歯周病が進行してしまうと、歯根部まで炎症・感染が広がってしまいます。犬の場合、上顎の歯槽骨のすぐ直上には鼻腔がありますが、歯石の細菌が歯槽骨を溶解してしまい、口から鼻腔へ管のような通路(ろう管)を形成してしまいます。

症状がここまで進行すると、くしゃみ・鼻水、鼻血などの症状がでることもあります。眼の下が腫れ、膿が皮膚を破って出てきてしまうこともあります。下あごの骨が薄くなり、下あごの骨折まで進行してしまうリスクがあります。

命に関わることがあるんだね

犬の歯周病を治療する方法

自宅での歯磨きなど日々のオーラルケアでは対応できない状態まで症状が進行した場合は、動物病院での治療処置が必要になります。

歯肉炎の段階では、歯垢・歯石の除去で治療します。歯垢・歯石を取り除くことは、歯肉炎の予防にも有効です。全身麻酔が必要となるため、体調や高齢により、治療を回避せざるを得ない場合もあります。

炎症を抑えるために、歯垢・歯石を取り除く方法もあります。全身麻酔がかけられない場合や歯肉炎が軽度の場合は、薬剤を使って炎症を抑える方法もあります。歯周病が進行した場合、必要に応じて抜歯処置や顔や顎にあいた穴の治療を行います。

まとめ

犬の歯周病は、放っておくと深刻な病気につながることもあり、日ごろからのオーラルケアが何よりも重要です。オーラルケアを習慣化することにより、歯周病の予防に効果があることはもちろんですが、日常的に愛犬の口臭や歯の状態などお口の異常をチェックすることができるからです。

お口のケアを通じた飼い主と愛犬のコミュニケーションが深まると、愛犬の万病の予防につながり、健康寿命が長くなることが期待できます。